お釈迦様と光源氏のお寺  清凉寺(嵯峨釈迦堂)

topics
2020/05/23 清凉寺拝観時間変更のお知らせ
新型コロナウイルス対策により、5月25日(月)より、清凉寺の拝観時間を9:00~16:00とさせていただきたいと存じます。ご理解とご了承をいただきますようお願い申し上げます。なお、御朱印の対応も、当分の間、いたしかねますので、あわせてご了承をいただきますようお願い申し上げます。
追伸 5月23日(土)と5月24日(日)の拝観時間は、9:00~14:00です。
2020/05/03 新型コロナウイルス感染拡大防止のため 引き続き霊宝館休館のおしらせ
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、4月21日(火)よりの清凉寺全堂宇閉門に引き続き、5月7日(木)以降も霊宝館(宝物館)は、臨時休館とさせていただきます(春期特別公開期間終了5月31日(日)まで)。ご参拝の皆様には何とぞご理解とご了承をいただきますようお願い申し上げます。
2015/04/01 清凉寺(嵯峨釈迦堂)からのお知らせ
清凉寺(嵯峨釈迦堂)のホームページを公開しました。

 

古文化バナー2

 

清涼寺のご案内

清凉寺(せいりょうじ)は、通称嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)と申しますように、ご本尊はお釈迦さまです。<br /> 清凉寺の開山、奝然(ちょうねん)上人は、平安時代の末、永観元年(983)に中国に渡りました。 奝然は、天台山からさらに五台山に巡拝し、宋の都汴京(べんけい)[開封]に到着して当時啓聖禅院に安置されていた、優塡王(うてんおう)思慕の、釈尊三十七歳のみ姿をそのままに伝えるという釈迦栴檀瑞像(せんだんずいぞう)を拝しました。そののち許されて新たに如来像を彫して海を渡り、多くの困難にもかかわらず尊像を将来して京都に帰還したのは、一条天皇寛和3年(987)のことでありました。それ以来、このお釈迦様を本尊として、清凉寺は発展してまいりました。